易占い(易学・易経)とは?易を使う当たるオススメ電話占い師3選

易占い師

易とは

「易」とは、今から3000年ほど前、古代中国の周王朝に行われていたと言われている占いの方法です。その占い方が、後の春秋戦国時代に、儒家によって『易経』にまとめられ、伝えられてきたものです。その世界観は、日本にも大きな影響を与え、日本でも古くから伝わっている占いの1つです。たくさんの竹の棒(筮竹・ぜいちく)を手で操りながら占う、いわゆる「易者」をイメージしてもらうといいでしょう。筮竹を使って「八卦(はっけ)」を2つ求めると、8×8=64通りの「卦(六十四卦)

が出てきます。その出てきた「卦」で、その時の運勢を見るのが「易」の本来の占い方です。

64ある「卦(け)」それぞれに、『易経』にあるテキストがあてがわれていて、その意味から運勢・状態などを読み解いていくのです。

これだけ聞くと、難しそうに聞こえますが、占いの原理は「タロット」などのカードを使った占いと一緒です。タロットカード1枚1枚に意味があるのと同じように、64あるそれぞれの「卦」に意味があると思ってもらえれば、少し分かりやすいかと思います。

最近であれば、易で出てくる64通りの「卦」をカードにした、イーチンタロットというものもあるので、もう少し想像しやすいかと思います。

『易経』で伝えられてきた本来の占い方だと、手順が非常に煩雑なため、筮竹を使う場合でも簡略化して占うことが一般的になっています。

八卦とは

八卦

易の根本的な概念になる「八卦」について簡単に説明します。

易に限らず、古代からの中国の世界観では、全ての現象は陰陽に分けられると考えられていました。この世界も陰陽に分けていくことで造られてきたと考えられていました。

1度分けると「陽(―)」と「陰(- -)」に、2度目に分けるとこの世界の4つの季節(=四象)に分けられ、さらにもう1つ分けると、この世界の万物の要素の8つ(=八卦)になると考えていたようです。

この八卦である「乾(けん)」「兌(だ)」「離(り)」「震(しん)」「巽(そん)」「坎(かん)」「艮(ごん)」「坤(こん)」は、易の世界では「陽(―):切れ目のない直線」と「陰(- -):切れ目のある破線

の2つの線の組み合わせた記号でも表現されます。

その「八卦」を2つ組み合わせて、64通りの卦(=運勢・世界観)を占いに使ってきたのです。

筮竹を使わない易もある

本来の易では、細い竹の棒(筮竹・ぜいちく)を使って、「卦」を求めています。通常の占いでは3回もしくは6回筮竹を操って、「卦」を求めています。易の占い師(=易者)といったら、この占い方をイメージする人が多いかと思います。

しかし、易では「卦」が求められれば占いの結果を出すことができます。そのため、筮竹以外のものを使って占うこともできます。また、プロの占い師でも筮竹以外の道具を使っている人もいます。

先ほど紹介した「卦」自体を表わしている「イーチンタロット」もその1つです。他にも、正八面体のサイコロを使えば1~8までの数字を八卦にあてがうことができますし、中には「乾・兌…」と八卦の漢字が書かれたものまであります。他には、コインの裏表を「陰」「陽」にあてがって、コインで占うこともできます。

易占いで使うコイン

筮竹以外で占ったからといって、占いの精度が異なるわけではありません。

昔からの筮竹を使った方法の方がしっくりくるという占い師、あるいは、他の道具の方がしっくりくる占い師、それぞれが「卦」を求めるために必要な道具を使っているだけの話なのです。

易が、出てきた「卦」に意味を見出す占いである以上、出てきた結果をいかに読み解くのかがより重要で、占い師の腕の見せ所になります。

これは、タロットやオラクルカードの占い師と共通する部分でもあります。

何を占ってもらえるのか?

易で見てもらえる内容自体は、仕事・恋愛・結婚・引越など一般的な占いでカバーできるものであればだいたい見てもらえます。

そのため、占ってもらう内容を、相談する前にあらかじめ決めておくことが重要です。ただ単に、運勢を見て欲しいと言っても占い師は占ってくれます。しかし、細かな質問をした方が、「卦」の中身を読み解く際に、より細かく適切なアドバイスがもらえるからです。

例えば、このような質問だと思うような答えが返ってきやすいかと思います。

  • Aさんと長年付き合ってきたけれども、そろそろ結婚してもいいのでしょうか?
  • 最近仕事の人間関係でイライラすることが多いのですが、どうしたらいいのでしょうか?
  • A社とB社から内定をもらいました。どちらに入社した方がいいのでしょうか?

この占ってもらいたい内容を占い師に伝えたら、あとは易者が内容を念じながら筮竹などを使って「卦」を出してくれます。その「卦」の内容を占って欲しい内容と照らし合わせて、占い師が解説をしてくれます。

易占いで引っ越し運を確かめるイメージ

占ってもらう上での注意点

これはタロットなどと共通する部分ですが、易で見られるのは、現在の状況から数か月先の「運勢」であれば見られると思っていた方がいいかと思います。逆に言うと、人生を貫くような運命・宿命を見てもらおうと思うのであれば、易だけでは見ることはまず無理だと思ってください。

もし仮に、四柱推命や占星術を使わずに、易だけで運命や宿命を強調する占い師がいたとしたら、要注意です。

この世界の全てを表わす64の「卦」がある以上、どうしても「悪い結果」に思えるものも中にはあります。要注意だと一般的に言われている「卦」も確かにあります。しかし、結果が気に入らないからと言って、間をおかずに他の占い師に聞きに行くのはあまり感心しません。というのも、易では同じ内容で何度も占うことはタブーだと言われています。

実際、易の原典にあたる『易経』にも、こんな言葉があります。「初筮(しょぜい)は告ぐ、再三すれば涜る(けがる)。涜るれば告げず。

(『易経』山水蒙)これは、最初の占いの結果をきっちり受け止めるのが大事で、それをしない人には今後占っても必要な答えが見えてこなくなる、という警告なのです。

内容によっては受け入れがたい結果が出る可能性もあります。ただ、その結果は結果として受け止め、その後どうするのかを考え直す材料だと捉えた方がいいかと思います。そして、腕のいい易者であれば、悪い結果だったとしても、言葉を選びつつ、気をつけた方がいいことをアドバイスしてくれることでしょう。

良い占い師に出会うには

先に書いたように、筮竹を使っているか否かは、一切判断材料になりません。それは、サイコロでもコインでも、「卦」を見ることで占うことができるためです。筮竹を操っている様子だけを見ても、何をやっているのか普通はわからないかと思います。

「卦」が出た後の会話にこそ、占い師の腕の差が出てきます。ここで一方的に出てきた「卦」の説明や運勢を話されたとしても、それだけではなかなか理解できないですし、不親切な印象がどうしても残ります。

占いの前に伝えた質問と、出てきた「卦」を元にして、対話をしながら出てきた意味を読み解いていく「コンサルタント」的な要素が非常に大切です。

もともと、「易」自体、中国の皇帝が政治をする上での判断材料としても使われてきた訳ですし、日本の戦国時代においても易を重要視した武将も少なくありません。

対話を重視する占い師であるかどうかは、占い師自身の情報発信を見てもわかりますし、口コミや実際に占ってもらうことでもわかります。

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」ということわざがありますし、多くの人は「当たる/当たらない」を気にします。しかし、易の場合は、「卦」の結果を見て、今後の行動をどうするのか判断するのがより重要かと思います。

腕のいい、あなたのコンサルタントを探してみる感じで、占い師を探してみてください。

易を得意とする当たるオススメ占い師

当サイトに掲載中の体験談のなかで、易を使う高評価の先生をランキング形式でご紹介します。

【更新日:2018年10月】

真希(マキ)先生

口コミ評価
(5.0/5)

所属
電話占いフィール

【体験談概要】
電話占いフィールで九星気学や易学を組み合わせたオリジナル占術で好評を得ているのが真希先生です。ベテラン鑑定師ということもあり、何でも話したくなるような安心感があるとのことでした。

先生には何でも視えているようで、相談者が欲しい情報を何も言わなくても教えてくれたということです。2人の男性それぞれの性格や価値観なども、いいところ・悪いところそれぞれきちんと説明を受けたことが、その後どちらかと付き合う判断材料になっています。実際にお付き合いを始めた時期が、真希先生が教えてくれた時期だったということで、的中率も高い先生です。

癒しの鑑定師という異名を持つ先生で予約をとるのが大変ですが、的中率の高さなどからリピーターが多いのも頷けますね。

真紀先生の体験談を見てみる

>電話占いフィールの公式情報

仕切り線

椿 潤(ツバキ ジュン)先生

椿潤先生

口コミ評価
(5.0/5)

所属
電話占いヴェルニ

【体験談概要】
椿潤先生はヴェルニに所属していて透視や霊視のほかにも易を使って占いを行ってくれます。今回椿先生に相談をするに当たり、相談者はプロフィール写真から「少し派手できつめの先生なのかな?」という印象を受けました。しかし、実際はそのようなことはなく、物腰が柔らかく話しやすい先生でした。

特にすごいと感じたのは、椿先生の口から相談者の彼が言った言葉がそのままでてきたことです。本当にすべてが視えているんだな、と思うほどだったといいます。名前と年齢、質問内容を話しただけで、彼の仕事や役職なども当たっていました。

椿先生は視えたことをそのまま伝えてくれますし、客観的に自分を見つめることができるようなアドバイスをしてくれます。鑑定料金が高めに設定されていますが、聴き取り内容も少なく鑑定も早いのでおすすめですよ。

>椿 潤先生の体験談を見てみる

>電話占いヴェルニの公式情報

仕切り線

国生 武嗣(コクショウ タケシ)先生

国生武嗣

口コミ評価
(4.8/5)

所属
電話占いヴェルニ

【体験談概要】
ヴェルニに所属していて霊感タロットや四柱推命などを得意とする国生先生は易占もできます。今回の相談者は、国生先生の写真の雰囲気と動画の話し方などをチェックして「ぜひこの先生にお願いしたい」と思い鑑定をお願いしています。人生経験が豊富そうな印象を受けたということです。

国生先生の話し方はおっとりとした関西弁ですが、きつくなく穏やかに諭すようにお話ししてくれます。どんな相談でも親身になって受け止めてくれて、明るい気持ちにしてくれる先生なので、深い悩み事もしっかりと対応してくれるでしょう。

>国生 武嗣先生の体験談を見てみる

>電話占いヴェルニの公式情報

 

電話占い口コミランキング

▶▶電話占い口コミ総合ランキング

電話占いの口コミ体験談から今もっとも当たるイチオシ電話占いを決定!どこがおすすめなのか?当たる先生は誰なのか?ユーザーから寄せられた声をもとに人気NO.1をご紹介します。

電話占い一覧

【電話占いウィル】当たる/当たらない先生 口コミランキング

2018.09.20

>ウィル体験談一覧

【電話占いカリス】当たる/当たらない先生 口コミランキング

2018.09.08

>カリス体験談一覧

【電話占いピュアリ】当たる/当たらない先生 口コミランキング

2018.09.10

>ピュアリ体験談一覧

【電話占いヴェルニ】当たる/当たらない先生 口コミランキング

2018.09.07

>ヴェルニ体験談一覧

【電話占いフィール】当たる先生は誰?口コミランキング

2018.09.06

>フィール体験談一覧

 

おすすめコンテンツ

▶▶ぶっちゃけ電話占いって当たる確率何%?現役の電話占い師に聞いてみた

▶▶霊能力が高い当たる電話占い師の特徴と選び方

▶▶【占いの種類】命・卜・相・霊ごとの得意分野と電話占いとの相性