九星気学とは?「方位」で就職・引越運もわかる!当たる占い師の選び方

九星気学

九星気学(きゅうせいきがく)とは

「一白水星(いっぱくすいせい)」「二黒土星(じこくどせい)」といった名前を聞いたことのある人もいるかも知れません。これは九星気学という占いにおいて使われている九星の名前です。

この九星の概念は中国から入ってきたものですし、九星気学の土台となっている五行や干支、風水の概念もまた古代の中国で確立して、中国から日本へと入ってきたものです。
これらの概念を日本に合うように長年かけてつくられて来たのが九星気学なのです。

そこで、九星気学は中国発祥だとか、江戸時代に徳川家康のブレーンだった天海僧正が広めた占術だなど、由来についてはいろいろと言われています。
確かに九星気学の原形はかなり昔からあったと言えます。現在知られている九星気学は、明治時代の半ばに、園田真次郎(荻野地角)によってまとめられた占いです。

そのため、九星気学は日本の風土の中で作られてきた、独特の占いだと言えるでしょう。

九星気学の特徴

その人の性格や運勢を見るのが、九星気学の得意とする所です。

特に、九星気学の根本となる、「本命星」については、よく本やWebなどで解説がされているので、知っている人も中にはいるかもしれません。

「本命星」は、生まれた年で求められます。しかし、九星気学では旧暦(太陽太陰暦)を元に理論づけされています。
そのため、2月4日の立春が旧暦上の新年になります。九星気学の本やサイトを見ると「1月1日から2月3日(節分)までの生まれの人は前の年の九星をみてください」という注意書きがされているのも、これが理由です。

本命星と同様に、生まれ月を見る月命星誕生日を見る日命星など、他の要素についても、同様に九星を見ていきます。この組み合わせで、その人の性格や運命などを見ていくことになります。

九星気学で扱われている九星は、次の9つになります。

  • 一白水星 (いっぱくすいせい)
  • 二黒土星 (じこくどせい)
  • 三碧木星 (さんぺきもくせい)
  • 四緑木星 (しろくもくせい)
  • 五黄土星 (ごおうどせい)
  • 六白金星 (ろっぱくきんせい)
  • 七赤金星 (しちせききんせい)
  • 八白土星 (はっぱくどせい)
  • 九紫火星 (きゅうしかせい)

これらは実在する星ではありませんが、それぞれ陰陽五行や干支の影響を受けて理論づけられています。
この9つそれぞれに意味が与えられていて、その人の性格や資質を見ていくのが、九星気学の基本的な占い方になります。

九星気学の場合、その年・月・日ごとに星の配置図 (それぞれ年盤・月盤・日盤) があります。その配置を八角形や3×3の方眼で見たことのある人もいるかも知れません。

4(四緑木星)9(九紫火星)2(二黒土星)
3(三碧木星)5(五黄土星)7(七赤金星)
8(八白土星)1(一白水星)6(六白金星)

これが九星気学の基本的な形(後天定位)と言われています。ここから一定の規則に従って、九星の配置が年・月・日それぞれ変わっていくのです。この九星の配置によって、その年・月・日の吉凶を見ることができるのです。

九星気学で扱われるは方角について

九星気学では、その時々の運勢を見ることもできます。九星気学の特徴の1つが、「方位」に細かく占えることにあります。

先ほど出した配置図には、方角も決められています。ある日の日命盤を出してみました。

(辰巳)南 (午)(未申)
3(三碧木星)8(八白土星)1(一白水星)
東 (卯)2(二黒土星)4(四緑木星)6(六白金星)西(酉)
7(七赤金星)9(九紫火星)5(五黄土星)
(丑寅)北 (子)(戌亥)

先ほどの図と比べても配置が違っていることに気付いた人もいるかも知れません。このように、年盤・月盤・日盤ごとに星の配置が変わっていきます

それで、この図を見てもらうと分かるように、真下が北、真上が南と決められていて、この星の配置に従って、「方位」に関することも占うことができます。

具体的には、その年月日の五黄土星の位置であったり、その時の年月日の干支であったり、吉凶を占う要素はいろいろあります。

そのため、九星気学では引越や旅行など、方位の関わることについて占われることも多いので、就職・留学などで遠方に行く可能性のある人は、気になることがあれば占ってもらうのもいいかも知れません。

何を占うのに適しているのか?

疑問がある女性

九星気学は、生まれた年月日を元に、占う「命術」の1つになります。つまり、あなたの元々持つ性格・気質について見ることができる占いだと言えます。そのため、あなた自身を知る上での助けになります。

性格を知ることができるため、相手との相性を見ることもできるのは、占星術や数秘術などの他の命術とも共通する部分です。

九星気学での特徴は何と言っても、その時々の運勢や「方位」に関わることを占いやすいことにあります。

例えば、運勢に関することであれば、あなたやあなたの交際相手との結婚に適した時期について見てもらうこともできますし、まだ出会っていなくても結ばれやすい時期についても知ることができます。

九星気学では、「方角」について見られることができるので、就職・進学・留学・引越・転勤など、長距離の移動に関わるような内容についても占いやすいのです。
特に先に挙げた内容については、人生に関わることなので、「移動」についてもし不安に思っていることあるのであれば、九星気学はうってつけの占いの1つだと言えます。

占ってもらう上での注意

これは命術全般に言えることですが、あくまで運勢というのは、確定的な未来ではなく、あくまで傾向に過ぎないのです。

九星気学の場合、吉凶が比較的はっきり出るため、中には落ち込んでしまう人もいるのですが、運勢が仮に悪かったとしても、その結果を受けて、あなたがどう行動するのか決めていくことが占ってもらう上で重要です。

九星気学だと、方角を見ることに長けているため、全ての行動を九星気学の結果を元に決めてしまいかねない、極端な人もいます。
現実に生きていく上で、どのように生きていったらよりよく生きられるのか、それを知ることができるのが占いの良さなのです。自分のやりたいことを我慢してまで占いの結果に縛られていては、窮屈ではないのでしょうか。

はっきりと結果が出やすい九星気学だからこそ、「あなたの人生の主人はあなた自身」だと心掛けてほしいのです。
占いの結果を元に、あなたがどうするのかを省みるための材料だと思えば、より有効に九星気学での結果を活かせることでしょう。

良い占い師に出会うには?

九星気学に限らず命術全般に言えることですが、占いの経過自体はきっちりと学べば誰でも同じ結果は出ます。九星気学自体に、過去の蓄積があるため、当たりやすいと言われています。

とは言っても、確定的で変えられない運命というのはありません。あくまで、占いは行動の指針を見るために使うものです。そのため、結果を決めつけて言うような占い師が仮にいるとすれば、注意した方がいいでしょう。

九星気学だと比較的吉凶がはっきりと出るため、あなたに合う占い師かどうかは、その結果の伝え方に注目してみるといいでしょう。というのも、同じ結果であっても、伝え方によってかなり印象が変わります。

はっきりと言って欲しいと言う人もいるでしょうし、やさしく言って欲しい人もいるでしょう。悩みによっては、デリケートな内容もあるでしょうから、その点はどんな伝え方をしているかは、評判を見て見るといいでしょう。

あなたと合いそうかどうかは、占い師の口コミを読んでみてから判断してみることをおすすめします。あるいは、気になる占い師がいたら、短時間の占いでその占い師が信頼できるかどうか判断してみてもいいでしょう。

自分を活かすために色々教えてくれる九星気学だからこそ、その伝え方に注意を払える占い師こそ、良い占い師だと言えるでしょう。

投稿者プロフィール

山内一輝
山内一輝占いもできるライター
小さなころから「不思議なこと」に興味があり、大人になってから魔女の伝承を調べにドイツまで行ったことがあるほど。最近は、神社を中心にパワースポットをめぐるのが趣味に。
占いについては、西洋占星術・タロット・オラクルカードなど色々なものに興味を持ち、今は主にオラクルカードを使った占いをしています。占いの世界は、ふんわりとした感覚の話も多いのですが、できる限り論理的に分かりやすく書くことを心がけています。

山内一輝の詳細プロフィールはこちらから