占い師ごとに占い結果が違う・・その理由と対処法

占い師ごとに占い結果が違う・・その理由と対処法

電話占いを利用した時に、その時相談した内容の結果が悪かったり何となく腑に落ちない結果でモヤモヤが残った時に、複数の鑑定士に同じ悩みを相談することもあるのではないでしょうか。

また、逆に良い結果だったけど「現状からは考えられない、本当にそうなるの?」と不安に思ってしまい、別の占い師にも占ってもらって答え合わせ、いわばセカンドオピニオン的なことををしたくなることもあります。

その場合に、鑑定士によって結果が違う場合誰を信じればいいの?というところで悩んでしまうことがあります。その際にどのように自分の中で判断していけばいいのかをお話していきます。

占い結果が違うのは良くあること?

電話占いをする時に複数の占い師さんにお願いしたら結果が違う、真逆だった…とっちを信じればいいの?と混乱してしまうことも多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、占い師によって占い結果が違うのは良くあることです。しかし、それは占い師がアゲ鑑定や相談者を喜ばせようと嘘をついている場合を除いて、全て鑑定結果は真実なのです。

真実なのになぜ鑑定結果が違う?真実はひとつでは?と疑問に思うかもしれませんが、どうして真実を語っているのに結果が異なってくるのでしょうか。

誰が嘘をついていて誰が真実を言っているのか、と真実を求めてしまいがちですがどちらも正解なのが占いです。ただ、見方や価値観が占い師によって違う事から、その答えに差異が出てきてしまうという事が多くあるのです。どうして結果が異なってくるのか、占い師の観点から詳しくご説明していきます。

運命はひとつではない

そもそも、決まっている運命というものはありません。無数に広がっている道から自分でいくつもの選択をすることによって、結果的に道が決まっていき自分の運命を作っていくことになります。

電話占いでは、占い師は相談者を良い運命へ導く為のアドバイスををすることに重点を置いています。それ故に、占い師さんから見た「相談者の幸せの道」が異なっている場合があります。

例えば、相談者が彼との復縁を願っていたとします。占い師Aは復縁は何とかできそうでも復縁の道が困難だし、結婚まではできないので結果的に幸せに離れない、この先は諦めた方が良いと判断してそのように伝えます。一方、占い師Bは相談者が切実に復縁を願っているという気持ちを尊重して「道は険しい」と前置きしたうえで復縁できる方法をアドバイスをしたとします。

一見、結果は真逆のようですが「その人によっての相談者の『幸せの在り方』」を考えて結果やアドバイスを導き出しているのでそのような差異が出てしまうのです。

解釈や価値観の違い

例え、同じ結果だったとしても良いことを積極的に伝えることで今持っている苦しい気持ちを気持ちを楽にしてくれる占い師、逆に悪いことを伝えることで「転ばぬ先の杖」として相談者に注意を促して回避させるようにアドバイスする占い師さんもいます。

どちらの占い師がいいのかは相談者の好みによりけりですが、複数の占い師に相談をすればこういった解釈や価値観の違いから結果が真逆になってしまうことも多々あります。

結果がバラバラ…どうすればいい?占い結果が違う時

占いの結果が違ってくる理由は分かっても、どれが本当なのか。既に複数の占い師に相談して結果が違うことで混乱しているという人もいるかと思います。

そういった「鑑定結果がバラバラだった場合」はどうすればいいのかついて、以下にお話していきます。

直感や心にストンと降りてくる結果を優先する

複数の占い師にお願いして結果がバラバラ、「一体どれを信じればいいの?」と不安になってしまったら、「自分に一番しっくりした結果」を信じるようにしてみてください。

占いの結果を聞いた時に、違和感を感じたもの、腑に落ちないものではなく、思わず頷いてしまうもの、心にストンと降りてきてしっくりした結果を信じるようにして下さい。

人間の直感はとても鋭いもので、占い結果よりも精度が高いものです。「自分に直感やそういった能力はない」と思っている人でもいざという選択をする時には直感が働くものです。自分の勘を信じて、心にストンと降りてきた結果を優先するのも一つの選択方法です。

多い方の結果を信じる

自分の直感も当てにならない、どれも同じような感じでピンとくるものがない、と言った場合には、多数決で多い方を信じるという選択肢もあります。

3人以上の占い師にお願いした場合にはなってしまいますが、結果が多い方を信じるということです。統計学的にも多い方が当たりやすい、ということもありますのでどうしても自分で判断できない場合は多い方を信じるのもひとつの方法でしょう。

信頼できる占い師に絞ってお願いして

病気なども複数の医者を渡り歩いてセカンドオピニオンをする時代なので、占いであってもひとつの悩みに対して複数の回答やアドバイスを貰うという行動も何の違和感もない考え方です。

しかし、占い師も人間なので育ってきた環境や送ってきた人生からの考え方がそれぞれ異なるので、いくら主観を入れないように占いをしていたとしても、多少の主観が入るのは普通のことです。

占い師さんによって価値観も考え方も違うので、混乱してしまうのであれば自分が本当に信頼できる占い師さんにお願いし、複数の占い師にむやみやたらに相談しないのが一番です。

一番混乱してしまう・悩んでしまうのは、新規の占い師複数人にお願いしてどれもしっくりこない、結果がバラバラであった時です。もし、どうしてもセカンドオピニオン的なものをしたい時の為にお気に入りの占い師、しっくりくる占い師を2~3人ピックアップしておくと良いでしょう。

投稿者プロフィール

柚音(ゆのん)
柚音(ゆのん)占い師
こんにちは、占い師をしている柚音(ゆのん)といいます。占い師歴は12年くらいでアマチュア時代も含めるともっと長くなります。占術は、霊感霊視、タロット、オラクルカードを主に使っています。当サイト(電話占い口コミ.com)で占いのコラムを書かせて頂いています。占い師として今までの経験や占い師側の目線でお話していくので、皆様が自分にピッタリな占い師を探すきっかけになればいいなと思っています。よろしくお願いします(*’▽’)

柚音(ゆのん) の詳細プロフィールはこちらから