算命学とは?相性を占うのにオススメ!当たる占い師の選び方

算命学とは?相性を占うのにオススメ!当たる占い師の選び方

算命学ですが、今から二千数百年ほど前の中国の戦国時代に、鬼谷子によってその原形が作られたと言われています。古代中国で理論化されていた陰陽五行説などの中国の宇宙観をベースに産まれてきた占いです。

算命学は、命術という、その人の性格や運命などを見ていく占いに分類されています。その人の生年月日から、年・月・日それぞれについて干支(かんし)を求めて、その人の性格・性質を見ていきます。

算命学では、他の命術の占いと同じように、運勢や相性を見ることができます。その中でも、人間関係(相性)については体系的になっていて、事細かに調べられます。もし、人間関係について悩んでいるようであれば、おすすめの占いになります。

生年月日の干支でその人の本質が分かる

算命学では、暦に十二支・十干があてがわれている干支暦が使われています。

ここで、干支(かんし)について簡単に説明しておきます。

十二支については皆さんに馴染みがあるかと思います。「子・丑・寅…」という普段私たちが干支(えと)と呼んでいるものです。

十干とは、古代中国で生み出されたこの世界を説明する陰陽五行説をベースにした十の要素のことです。陰陽五行説では、陰と陽、ならびに、木火土水金の五つの要素(五行)を組み合わせた「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10通りの組み合わせで万物の説明ができると考えられていました。

この十二支と十干を合わせて「干支(かんし)」と呼んでいるのです。

干支

干支

干支暦を頼りに、その人の生まれた年・月・日それぞれの干支を求めることが、算命学での占いのスタートになります。

生まれた年・月・日を干支が書かれた表のことを「陰占」と呼んでいます。この「陰占」からは、その人の本質的な性格がわかると言われています。

算命学では人間関係が細かく見られる

生年月日から出てきた「陰占」が出てきたら、その干支の組み合わせから、算命学で言われる守護星を算出していきます。この守護星が求められた表のことを人体星図(=陽占))と呼んでいます。

陰占・人体星図(=陽占)

陰占・人体星図(=陽占)

この人体星図で、その人の人間関係の傾向も分かります。それは全般的な人間関係という訳ではなく、目上の人・友人・家族・目下の人といった具合に細かに見ていくことができます。

また、人体星図では、若年期・青年期・壮年期など、人生の時期におけるその人の傾向も分かります。そのため、算命学では、占う人が占えば、その人の人生の傾向が手に取るようにわかる占いだと言えます。

天中殺は最悪の時期ではなく、いろいろなことが起こりやすい時期

算命学では、「天中殺」と呼ばれる時期があることを知っている人もいるかも知れません。中には、「天冲殺」と書く流派もあります。

字面が恐ろしいのと、不安をあおる占い師が過去に多かったからなのか、必要以上に天中殺を恐れている人も少なくないようです。というのも、何をやっても上手くいかない時期だとか、運勢が最悪の時期だとか、そういう理解をしている人が多いからです。しかし、これは大きな誤解だと言えます。

そもそも天中殺とは、何のかということを説明したいと思います。そのために、干支の話を少しだけします。

十干の最後にあたる「癸(みずのと)」まで来たら、暦の上では最初の「甲(きのえ)」に戻ります。しかし、算命学での占いの上では、癸(みずのと)の後の二つの十二支については、「対応する十干がない」と考えます。この対応する十干がない時期のことを天中殺と呼んでいるのです。

例えば、「癸未(みずのとひつじ)」であれば、未に続く2つの十二支(申・酉)が天中殺となるのです。

例外を抜きにごく単純に話をすれば、12年のうち2年、12か月のうち2か月、12日のうち2日はこの天中殺がくることになります。

天中殺

引用:https://ameblo.jp/komari731/entry-12318169497.html

この天中殺の時期は、通常とは運気のバランスが違う時期だと捉えれば、さほど悲観する必要もないのです。

例えば、天中殺の時期に新しいことを始めるにはエネルギーが通常以上に必要だから注意しなさい、と言われることが多いです。そのため、算命学では、一般的には充電期間として捉えた方が無難だとは言われています。そして、今まで起こったことを見直しするにはうってつけの時期になります。

また、通常とは異なる運勢となるため、天中殺の時期に一気に運勢が跳ね上がって幸運をつかんでしまう人も中にはいるのです。バランスが異なる時期だからこそ、普段であれば起こりにくいような、いろいろなことが起こりやすい時期だとも言えるのです。

最近では、インターネットで算命学の干支の配置図や人体星図を求めること自体は、簡単になってきています。だから、ただ天中殺の時期についても、自分で調べようと思えば調べられます。しかし、天中殺の時期に当たっているからと言って、すぐに悲観してしまうのは、あまりにもったいない占いの仕方です。

占いはあくまで幸せに生きる上でその道筋を見つけやすくする手段なのです。

先ほどの天中殺の話にしても、ごく基本的なことしか書いていません。中途半端に調べて悲観するのはあまりにももったいない話です。そもそも、ダメな時期だと思い込んでしまうと、本当にいいようにはなりません。

だからこそ、いくら人体星図が簡単に調べられるようになってきたからと言っても、算命学については特に占い師にちゃんと見てもらった方がいいかと思います。

占ってもらう上での注意

算命学では、一般的に占いで見ることのできる内容であれば、カバーできる範囲は広いと言えます。ただ単にこの先の運勢を見て欲しいと言えば、見てもらうこともできるでしょう。あなたが望めば、陰占や人体星図の細かな話をしてくれるでしょう。

しかし、せっかくであれば、あなたが悩みをある程度絞った方が、より細やかなアドバイスがもらいやすくなります。漠然と運勢を見て欲しいというよりは、仕事上の○○で悩んでいるとか、家庭の○○について悩んでいるといった具合に絞るだけでも占い師から出てくる答えに違いが出てくることでしょう。

天中殺については、先ほどもお話しましたが、運気のバランスが普段とは異なる時期となります。世間で広がっているような運勢の悪い時期だと信じ込むのはあまりにももったいない話です。占い師も、この時期は気をつけた方がいいと思っているので、色々とアドバイスをもらえることかと思います。そのため、占い結果を受け止めた上で、自分の行動を見つめ直した方があなたにとって実りが多くなるでしょう。

占いは、あくまであなたが幸せに生きるための手段なのですから。

当たる良い占い師の選び方

算命学自体、仕組み自体が比較的複雑に映るかも知れません。馴染みのない人にとっては、確かにとっつきにくい印象があります。しかし、経験を積めば、算命学の理論体系を体得することはできます。

そのため、あなたの本質的な部分についての話であれば、経験を積んだプロであれば、ある程度話をできるはずです。

占い師で違いが出てくるのが、陰占や人体星図に表れている結果と、あなたの状況とを上手く読み解いてくれる、その洞察力や会話能力の部分になります。

性格や運勢などである程度の傾向を話すことはできますが、それは決定的な運命ではありません。もし仮に、決定的な運命だと捉えて話をするような占い師がいたとすれば、残念ながら不誠実な占い師だとは言わざるを得ないでしょう。

また、算命学の場合、天中殺という占う上で繊細なものも含んでいます。そこをただ単に運勢が悪いとか言って濁したりせず、ちゃんと向き合ってくれる占い師であれば、信頼できるのではないでしょうか。

後は、占い師の伝え方の部分になります。これは、口コミや評判などから、あなたに合いそうかどうかを確認するのがおすすめです。

算命学は、自分の未来の方向性が見やすい占いであるからこそ、誠実にあなたと向き合ってくれる占い師こそ、いい占い師だと言えるでしょう。

投稿者プロフィール

山内一輝
山内一輝占いもできるライター
小さなころから「不思議なこと」に興味があり、大人になってから魔女の伝承を調べにドイツまで行ったことがあるほど。最近は、神社を中心にパワースポットをめぐるのが趣味に。
占いについては、西洋占星術・タロット・オラクルカードなど色々なものに興味を持ち、今は主にオラクルカードを使った占いをしています。占いの世界は、ふんわりとした感覚の話も多いのですが、できる限り論理的に分かりやすく書くことを心がけています。

山内一輝の詳細プロフィールはこちらから